WordPressの公開画面で画面上部にあるアドミンバーを非表示にさせる3つの方法


公開日:

WordPressの公開画面で画面上部にあるアドミンバーを非表示にさせる3つの方法

WordPressの公開画面で画面上部にあるアドミンバーを非表示にしたい場合、3つの方法で非表示にすることができます。

今回はこの3つの方法でご紹介します。

GoogleChromeの拡張機能Wordpress Admin Bar Controlを使用してアドミンバーを非表示にする

WordPress Admin Bar Controlの設定方法

お使いのデバイスがGoogleChromeの場合に限定されますが、ワードプレスを操作せずにアドミンバーを非表示にすることができます。

まずはGoogleChromeを起動し、下記リンク先をクリックしてください。
WordPress Admin Bar Control

次にChromeに追加ボタンをクリックします。

確認のダイアログが表示されますので「拡張機能を追加」を選択してください。
これで追加が完了しました。

追加した拡張機能のアイコンが見つからない時

追加した拡張機能が見当たらない場合、パズルのアイコンをクリックし、該当の拡張機能名のピンマークをクリックすると表示されます。
もし追加したのに見当たらない場合はここを確認してみてください。

GoogleChromeの拡張機能Wordpress Admin Bar Controlを使用してアドミンバーを非表示にできたか確認する

この拡張機能を追加しただけではまだWordPressのアドミンバーは非表示になりません。
非表示にしたいサイトの公開画面を開き、追加された拡張機能アイコンをクリックしましょう。

拡張機能のアイコンが赤くなり、アドミンバーが非表示になりました!

キャッシュ機能が効いている時は再設定不要、かつWordPressアドミンバーの表示/非表示の設定はサイト1つ1つで設定できる

この設定ができた後、ふと疑問に思うことがあります。
「今開いているブラウザを閉じてしまったらまた逐一設定しなくてはいけないのか?」
では検証してみましょう。
一度ブラウザを閉じます。そして再度起動し、サイトURLを入力してみました。
するとキャッシュ機能が聞いている現段階ではWordPress公開画面のアドミンバーが非表示のままでした。

また、ほかのサイトもすべて非表示になってしまうのかも懸念して今したが、検証の結果各サイトごとの設定となっているようです。
もし複数サイト保有されていてワードプレス側での設定が面倒な場合、拡張機能を入れておけばクリック1つで各サイトごとに分けることができますのでとても便利な拡張機能ですね。

WordPressユーザーのプロフィール設定を使用してアドミンバーを非表示にする

次はWordPress管理画面内のユーザープロフィールより変更することができます。

管理画面メニュープロフィールからの設定方法

ログイン後の管理画面右側メニュー「ユーザー」をクリックします。

ユーザー一覧画面で、アドミンバーを非表示にしたいユーザー名をクリックします。

「ツールバー サイトを見るときにツールバーを表示する」のチェックを外し、ページ最下部の「プロフィールを更新」ボタンをクリックします。
これで設定は完了です。

ユーザー設定をを使用してアドミンバーを非表示にできたか確認する

公開画面でアドミンバーが非表示になったか確認してみましょう。
するとGoogleChromeの拡張機能をOFFにしてある状態でこのようにアドミンバーが非表示になりました。
ユーザーごとの設定として管理者が設定する際にも良いですね。

テーマファイル内functions.phpを使用してアドミンバーを非表示にする

最後にどのユーザー権限でも公開画面のアドミンバーをずっと非表示にさせる場合は、テーマファイル内functions.phpに記述するのが一番手っ取り早いです。
この設定を削除しない限りずっと非表示ですので、ずっといらないというエンドユーザーのニーズには一番確実な設定です。

テーマファイル内functions.phpの設定方法

まずはFTPやワードプレス管理画面>外観>テーマエディタなどでファイルを操作できる画面を開きます。

今回はWinSCPでの使い方でご案内します。
該当のサイトへアクセスし、テーマファイル内まで進みます。

テーマファイル内のfunctions.phpがありました。このファイルを開きます。

全てのユーザーにアドミンバーを非表示に刺せる場合、以下のコードを追加します。

保存をして完了です。


カテゴリ:
タグ:,,,,



関連記事


記事はありませんでした