• !

  公開日:

WordPressでファイルをダウンロードさせるボタンが設置できる無料プラグイン「Download Manager」

WordPressでファイルをダウンロードさせるボタンが設置できる無料プラグイン「Download Manager」の紹介です。

WordPressでファイルをダウンロードさせるボタンが設置できる無料プラグイン「Download Manager」

リンク先への遷移として使用するが多いボタンですが、pdfなどの資料をダウンロードする時にはいくつか方法があります。
WordPressプラグイン「Download Manager」は、ダウンロードボタンを作成するだけではなく、ファイル別のダウンロード数が管理画面で確認する事ができます。

今回はプラグインを使用しないパターンとするパターンでご紹介します。

「Download Manager」でできること

実際にプラグインなしでボタンの設定をした後にプラグインを使用して作業してみました。
デザインが気に入ればとても便利な機能が無料でついてくるので、人気なプラグインというのも頷けますね!

【事前準備】ダウンロードするファイルをメディアにアップロードする

ダウンロードさせたいpdfなどをまずはメディアにアップロードしましょう。
管理画面>メディア>新規追加をクリックします。
メディアアップロード

アップロードしたいファイルを選択し、「開く」をクリックします。
メディアのファイル選択

メディア一覧にpdfファイルがアップロードされました。
メディアアップロード後画面

この後画像のURLが必要になりますので、アップロードされたpdfをクリックして「URL をクリップボードにコピー」をクリック、パソコンのメモ帳機能などに貼り付けておきましょう。
URL をクリップボードにコピー

WordPressのプラグインを使用しないでダウンロードボタンを作成する方法

プラグインを使用しないで作成する場合、2パターンの方法があります。

どちらもファイルへのリンク先を設定しますが、一度ファイルをブラウザで開いて確認してからダウンロードする方法と、プレビュー無しでボタンをクリックしたらすぐファイルをダウンロードする方法です。

リンク先のファイルとして、sample.pdfを使用します。

ボタンをクリックしたらプレビューが表示され、画面内ダウンロードアイコンでリンク先ファイルをダウンロードさせる方法

ダウンロードボタンを表示させたいページの編集画面に入ります。
左上+ボタンをクリックしましょう。
固定ページ編集画面にてボタンブロック追加

ブロックのタブ側から「ボタン」を探し、クリックして挿入します。
ボタンブロック挿入画面

ボタンの中の文字を入力します。
今回は「資料ダウンロード」にしました。
アンカーテキスト変更

クリックしたときに表示させるファイルを選択します。
鎖マークをクリックします。
ボタンリンク先設定

先ほどコピーしてメモ帳に貼り付けておいたpdfのURLを貼り付けましょう。
URLの後にある矢印がくるっとなっているアイコンをクリックするか、Enterを押します。
ボタンにURL設定

ページを保存して公開画面で確認すると、ボタンをクリックしたらpdfが表示されました。
ダウンロードは右上の矢印が下を向いているアイコンをクリックするとできます。

pdf表示

ボタンをクリックしたらプレビュー無しでリンク先ファイルをダウンロードさせる方法

次にpdfの画面が開かれないですぐ「名前を付けて保存」やダウンロードが開始される方法です。
pdfをプレビューさせる方法までは同じで、そのあとに手入力で追記するやり方です。

挿入したボタンをクリックし、一番右にある点が3つのメニューを開き、「HTMLとして編集」をクリックします。
htmlとして編集
すると下記のようなコードが表示されます。

「sample.pdf”」の後に、下記を追記します。
※半角スペースもいれてください。

保存して公開画面のボタンをクリックすると、プレビューなしに保存画面に遷移しました。
pdfファイルのダウンロード

【インストール編】WordPressプラグイン「Download Manager」を使用してリンク先ファイルをダウンロードさせる方法

ログイン後管理画面の「プラグイン」をクリックします。

新規追加ボタンをクリックし、キーワード入力欄に「Japanese Font for WordPress」と入力しましょう。

今すぐインストール、有効化のボタンをクリックしましょう。
ダウンロードマネージャーインストール画面

【詳細設定編】WordPressプラグイン「Download Manager」を使用してリンク先ファイルをダウンロードさせる方法

ここまでくればあとは3ステップで完成です。

ステップ1:ファイルをアップロード

インストール後にワードプレス管理画面左側メニューに「ダウンロード」の項目が追加されますのでクリックしましょう。
ダウンロードマネージャーメニュー追加

新規追加をクリックします。
新規追加をクリック

画面右側の緑部分にpdfなどのファイルをアップロードします。
マックスで20MBのファイルをアップロードできるので圧縮する必要はほぼないのですが、あまり大きすぎるファイルですとユーザーがダウンロードする時に時間がかかるので、なるべく軽量化したファイルをアップロードしましょう。
ファイルアップロード

ステップ:タイトル入力

この編集ページのタイトルがボタンの中の文字列になります。
シンプルに「資料をダウンロードする」でも良いですし、資料がたくさんある場合はカテゴリーで分類したり「●●事例集をダウンロード」などとしても良いでしょう。

この2つの作業が終わりましたら公開ボタンをクリックします。
タイトル入力

ステップ3:ショートコード貼り付け

保存が完了したら、左側メニューのすべてのファイルをクリックします。
該当のショートコードをコピーして、あとは貼り付けたいページに貼るだけです。
ダウンロードマネージャーショートコード

コピーしたショートコードを編集画面にそのまま貼り付けてもショートコードとして認識してくれました。
ショートコード貼り付け

「Download Manager」を使ってファイルをダウンロードさせるボタンが設置できたか確認してみる

公開画面を見てみます。
下記のようなデザインになりました。
ダウンロードマネージャー公開画面で確認

きちんとpdfがダウンロードされました!
ダウンロードマネージャー動作確認

「Download Manager」をさらにカスタマイズ!
条件付きのダウンロード設定方法

今までのやり方ですとページにアクセスしたユーザー全員が資料をダウンロードできます。
下記の条件を1つまたは複数で選択する事も可能です。

・条件の同意を必須にする
・パスワードロックを有効にする
・キャプチャロックを有効にする

設定画面はダウンロードをアップロードした編集画面の下の方にロックオプションがありますのでここから設定しましょう。
ロックオプション

条件の同意を必須にする

例えば「第三者への提供は禁止」や「著作権は当社です」などの注意をポップアップで表示し、同意する場合はチェックボックスを付ける事で初めて資料がダウンロードできます。
チェックボックスのあとの文字は「チェックボックスのラベル」に入力しましょう!
条件の同意を必須にする

パスワードロックを有効にする

パスワードを入力しないとダウンロードできないタイプの設定です。

自分で決めたパスワードを入力してもらった時だけダウンロードもできます。入力欄に文字列を入れましょう。

キャプチャロックを有効にする

これはGoogleが提供するれCAPTCHAと連動する事ができます。
まだ設定をしていない場合は下記記事を参照してください。

自分でできるWordPress保守の基本:Google reCAPTCHAでお問い合わせフォームをスパムから守る設定方法