WordPressのデバッグモード活用・画面に表示させずエラーログを取得する方法


公開日:

アップデートしたら画面が真っ白になってしまったなどの運用トラブル、またPHPのバージョンアップ対応はもちろん、テーマやプラグインの制作などの際に便利なのがWordPressのデバッグモードです。

このデバッグモードを活用することにより、エラーの内容を把握することができます。

WordPressの基本的なデバッグモードの使い方

デバッグモードを利用するために必要なのは、たった1行です。

wp-config.phpの中に、

 という箇所がありますので、これを

 に変更するだけです。

もしエラーがあれば、画面上に表示されます。

画面に表示させずエラーログを取得する方法

運用中の本番環境など画面上にエラーを表示させたくない場合、画面上に表示させずログ形式で取得することができます。

この場合、

 でデバッグモードを有効化、デバッグログを有効化、そしてディスプレイへの表示を無効化します。

デバッグログは、デフォルトの場合wp-content配下に生成されます。

外部から閲覧できないよう、パーミッションは変更しておきましょう。

またエラーを放置するとログが肥大化しますから、サーバーの容量にも注意する必要があります。

すべてまとめたwp-config.php例


カテゴリ:
タグ:,,,



関連記事