WordPressバージョン5.0以降から標準搭載されなくなったWP Multibyte Patchプラグイン


公開日: 最終更新日:

WordPressバージョン5.0以降から標準搭載されなくなったWP Multibyte Patchプラグイン

2018年12月6日にWordPressバージョン5.0がリリースされました。
この時の大きな変化として、投稿編集画面が「Gutenberg(グーテンベルク)」が採用され大きくデザインが変わりました。
旧エディターに戻すプラグインClassic Editor

編集画面ががらっと変わっていることでなかなか気付かれにくかったのですが、バージョン5.0以前では標準搭載されていたWP Multibyte Patchプラグインが入っていないのも大きな変化です。
では、WP Multibyte Patchプラグインがインストール、有効化されていないとどのようなことが起こるのでしょうか。

WordPressは英語圏でできたサービスです。日本語と英語でバイト数の違いがあるため全角文字の認識エラー(主に文字化けなど)」を起こします。それらをまとめて解決できるのがWP Multibyte Patchプラグインなのです。

WP Multibyte Patchプラグインをインストールすることで得られる機能

・投稿抜粋
・文字列カウント方式の設定
・検索
・メール送信
・トラックバック受信
・ピンバック受信
・ファイル名サニタイズ
・フィード XML サニタイズ
・テーマの WEB フォント無効化機能
・管理パネル
・BUDDYPRESS 抜粋関数

サイトを移転しようとした時に画像名が文字化けしてしまうなどのエラーも出ますので、必ずインストールしておきましょう。

WP Multibyte Patchのインストール方法
ログイン後管理画面左側メニューのプラグインをクリックしてください。

新規追加ボタンをクリックしましょう。
キーワード入力欄にWP Multibyte Patchを入力して検索します。

今すぐインストール、そのあとの有効化まで行いましょう。

これだけでインストールと設定が完了です。


カテゴリ:
タグ:,,



関連記事